>

写真を真に受けるのは危険

送料込みのものと送料別途のもの

お取寄せで何か食品を注文する時、気になるのはその価格もそうですが、送料ではないでしょうか。
その送料で注意する点は、商品に送料が含まれているかいないかです。
どういうことかと言えば、送料が商品の料金に含まれていれば軽減税率が適用されて、8%の消費税で済みますが、送料別途の場合は違ってくるからです。
元々、送料は軽減税率の対象外ですので、食品を送る場合でも送料別途になるとその送料分の消費税は10%になるのです。
それなら送料込みの方がお得ではないかとも思うのですが、送料別途のほうが元々の価格設定を低く出来るため、一見安く見えることが多いですし、販売者側もそれを狙っていることが多いようです。
価格を大きく書いてその横に、(送料別)と書かれていることが多いので、価格に惹かれて購入ボタンを押してしまわないように気をつけましょう。

食品と一緒に購入すると忘れがちなこと

お取寄せ商品を選ぶ時はネットで検索することが多いと思いますが、ネットで検索していると、広告がよく目につくのではないでしょうか。
その広告に、某スーパーの特売品などがあると、ついついそのページを開いて購入したくなることはありませんか?
そうすると、スーパーの商品は食料品だけではないので、洗剤や文房具など、食料品以外の生活用品も購入することもありますよね。
食料品の中に一点だけ文房具が入っていると、その分が軽減税率対象外ということを忘れてしまいがちになります。さらに料理酒やみりんは食料品であると同時に酒類なので、軽減税率対象外です。
消費税が一律8%だった頃は気にしなくて良かったのですが、今はこういったことを気にしなければならないので、計算にも注意が必要です。


この記事をシェアする